「ラッスンゴレライ」に隠された意味

「8.6秒バズーカ」って名前、8月6日に広島原爆。。。として見ると。。。

■落寸号令雷(ラッスンゴレライ)←米軍が原爆を落とす号令を暗喩

■ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん←エノラゲイ搭乗員に対する抑止文句を暗喩

■落寸号令雷(ラッスンゴレライ)ってなんですの←原子爆弾に対する日本人の動揺を暗喩

■説明しろと言われても意味わからんからできませ~ん←当時の日本政府が国民から説明責任を求められても返答できない様子を暗喩

■ラッスンゴレライ!フー!×2←原子爆弾に対する賞賛を暗喩

■楽しい南国、ラッスンゴレライ←当時の日本軍の南洋州における玉砕を暗喩

■でも南国言うてもいろいろあるよ、バリ、グアム、ハワイどれですの?←当時の日本国政府の首脳部の攻撃対象地策定の過程を暗喩

■スパイダーフラッシュローリンサンダー spiders flash rolling thunder ←翻訳にかけると、「(キノコ)クモは、転がっている雷をフラッシュさせる」

■ローリングサンダーとは、アメリカ空軍の空爆の作戦名
「8.6 sec BAZOOKA」 second は(秒)という他に「再来」という意味もある。

ちなみにあの二人は在日3世と4世だそうだ。

これは「都市伝説」か??

http://ameblo.jp/kissy-seed/entry-12009272509.html

86second-2

86second-3

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。